Inabe Mountain Girls Fes.

Report

たくさんの山女子がアウトドアを満喫した二日間

各地からお気に入りのウエアを身に纏った山女子達が、会場である「青川峡キャンピングパーク」へ集まり、
おしゃれで楽しいワークショップなどを楽しんだ第3回日本のまんなか♥︎いなべ山女子フェスタ二日間を
ダイジェストでレポートします。

第3回 日本のまんなか♥︎いなべ山女子フェスタ

【日時】 2017年10月28日(土)11:00開場 〜 29日(日)

ダイジェストムービーDAY1

ダイジェストムービーDAY2

オープニング

あいにくの雨模様で始まった初日。
足元が悪いなか、各地からお気に入りのウエアを身に纏った山女子達が、会場である「青川峡キャンピングパーク」へ集まりました。
ガーランドで飾られた会場で、52名の山女子による1泊2日のいなべ山女子フェスタの幕開けです!

開会式では、日沖 靖市長が「山女子フェスタ」ということで、アウトドアウエアで登場し、歓迎の挨拶がありました。ばっちり決まっています。

今年のゲストは日本で唯一のBBQ芸人のたけだバーベキューさん!
「なんか安納芋が食べたくなってきたんですよね~。なんでかなぁ思ってたら市長のウエアが安納芋の色に似てるんです!」とジョークを飛ばし、会場は笑いに包まれました。

おしゃれバーベキューワークショップ

そんなたけだバーベキューさんが担当するのは「おしゃれバーベキューワークショップ」。
コールマンのグリルとSOTOのツーバーナーを使い、美味しく楽しくおしゃれなメニューを実演・試食を行いました!

たけだバーベキューさんの手さばきと、アイディアレシピに参加者の皆さんも興味津々。
本日のレシピはマッシュルームの缶詰めを使ったアヒ―ジョや、焼きバナナ、ベーコンやチーズのスモークなど。いい匂いがしてきました!

なんとパウンドケーキもスモークします。燻されて香りが加わり、ワインにも合う大人の味わいになるんですよ。

う~ん、おいしい!今回のレシピぜひ実践してくださいね!

ワンバーナークッキング

たけだバーベキューさんのお隣では山のお共に覚えておきたい「ワンバーナークッキング」を実践しました。
SOTOのバーナーとクッカーを使い、きのことベーコンのクリームパスタ&フレンチトーストを作ります。

講師はいなべ山女子フェスタ実行委員会の副委員長、きのこさんが勤めます!(左のとんがり帽子をつけたお姉さん)
アシスタントはこの日のためにレシピをばっちり覚えた実行委員ポパイさんとボランティアで駆けつけた中村ねえさんです!

まずはバーナーの扱い方から。初めての方も、手順さえ覚えれば簡単なのでご安心を。
ベーコンとしめじを炒めて、水を入れ、パスタを茹でて…
茹で汁にクリームスープの素を入れれば、お湯を捨てる必要もなく、味もばっちり決まるんです!これは山のために覚えておきたいですね。

デザートはバニラアイスを利用したフレンチトーストを作ります。
ここで使うのは皆さんお馴染みの「Coolish(バニラ)」!保冷剤代わりにもなり、溶けたところをジップロックに入れて、パンに染み込ませます。これも山で使えるポイントですね。

講師オリジナルのフォトブースも完備!出来上がりを撮影してくださる方がたくさんいらっしゃいました!

細引きブレスレット&くるみボタン作り

さて、場所が変わって管理棟では好日山荘おとな女子登山部による「細引きブレスレット&くるみボタン作り」が行われました。
講師は去年に引き続いて、おとな女子登山部の荻野なずな部長と「あやや」こと松浦由香さんです。

可愛くデコレーションされた室内では、好みの細引き紐を使ってブレスレットを作ります!

荻野部長のレクチャーを受け、バインダーを使って編んでいくと…

ジャーン!素敵なブレスレットの完成です。いざという時は、ほどけば紐として活用可能なこのブレスレット、おしゃれで実用的ですね。

アロマスプレー作り

続きまして、細引きブレスレット作りと入れ違いで実施されたアロマスプレー作り。

講師はアロマセラピストの資格を持つ桝田知穂さん。
植物の性質や効能を聞きながら、自分の好みのアロマオイルを選びます。女子の皆さんの真剣な眼差し。やはりモノ作りは楽しいですね。
携帯しやすいスプレーボトルに入れて、登山にもばっちり持っていけます。

完成品を写真に納めます。どんな時でもフォトジェニックさを忘れない参加者の皆さん、女子力が高いです!ぜひお家でも使ってくださいね♪

茶農家直伝!お茶講座

場所は変わって、こちらでは地元茶農家「マル信緑香園」の若旦那伊藤典明さんが教えるお茶講座です!

実はいなべ市はお茶が名産品なんです!
茶農家ならではのお茶の知識を真剣に聞く参加者の皆さん…奥が深いですね。
講師の説明を聞いたあと、実際に生茶葉を揉んでオリジナルのお茶を作ってみました!

同じ工程で作っても、不思議と味わいが少しずつ違います。手の温度や揉み方なのでしょうか、飲み比べて吟味中!
こちらもお土産としてお持ち帰りいただきました♪

ウエアフィッティングブース

こちらはアウトドアショップ モデラート様による「ウエアフィッティングブース」です!AXESQUIN様、アークテリクス様からもスタッフさんが駆けつけてくださいました!
まるでお店のような商品ラインナップ、圧巻です。

ウエアについてレクチャーを受け、実際に試着する皆さん。あまりの温かさにそのままイベントに参加する方もいらっしゃいました!今回は実際に使って、ウエアの機能性を実感してもらおう、ということで貸出もしていました。欲しくなっちゃいますね。ご検討いただいて、後日ぜひお店に足を運んでくださいね!

交流会

皆さんお待ちかねの交流会は、毎年恒例のビュッフェスタイルです!
さくらポークのバーベキュー、青川峡キャンピングパークスタッフ特製スパイスカレー3種、蕎麦打ち同好会雅の打ち立てお蕎麦、農業レストランフラールのお惣菜、こんま亭のシュークリーム、炊きたてご飯、コーヒースタンドなどなど。

おいしそうな料理がずらり!

それぞれお皿に盛りつけて、いただきまーす!
打ち立てのお蕎麦最高!野菜もたっぷりで彩り豊かです♪

交流会後半ではお楽しみ抽選会を開催しました!
豪華賞品が当たり、会場は大盛り上がり!

交流会終了後は会場の電灯を消し、代わりにランタンの明かりを灯してゆったりとした時間を演出。温かいコーヒーを手に、語り合う参加者の皆さん…特別な時間ですね。
こうして1日目の夜は更けていきました。

2日目朝食

2日目もあいにくの雨のため、残念ながら登山は中止です…ですが、皆さんに楽しんでもらうために本日も楽しい企画満載です!
まずは腹ごしらえ、本日の朝食は卵かけご飯です!

この卵は、いなべ市大安町の「いっちゃん卵」。お米を餌に食べている鶏が産んだ卵は、卵かけご飯にぴったりなんです!

トッピングはゴマ、天かす、鰹節、塩コンブ、海苔などなど…お好みでどうぞ!

こちらはアマノフーズ様からご提供いただいたバラエティ豊かなフリーズドライスープ。
この写真の他、お味噌汁や卵スープ、デザートのおしるこまで!

おいしくて思わずおかわりをする方も。卵かけご飯のおいしさに改めて気付かされました。

雨の日散歩

雨だけど歩きたーい!という声を受けて、ウエアフィッティングブースのレインウェアに身を包み、いざ「雨の日散歩」へ!

会場からすぐ近くの公園に歩いて到着。
コンパスのレクチャーを受けて、実際にフィールドワークをしたり…

滑車に身を任せて滑走するターザンロープに挑戦したり、雨降る中でもウエアのおかげで十分に楽しめました!

しゃぼん玉ワークショップ&フォト講座

こちらではまるで理科の先生のような姿の佐久間威至さんによる「しゃぼん玉ワークショップ」が行われました。

特製のしゃぼん液は割れにくく、こんなオブジェのようなものや・・・

紐を活用したしゃぼん玉に、童心に帰る参加者の皆さん。
割れにくいしゃぼん液の秘密は、液に糖分を混ぜること、だそうです。なるほど~。

大きいしゃぼん玉も割れずに出来るんです!

そしてすぐ隣では、プロカメラマン岡田千穂さんによるフォト講座が行われました。
しゃぼん玉を被写体にして、プロからテクニックを伝授してもらいながら実践!

一眼カメラはもちろん、スマートフォンで綺麗に撮るための小技、ぜひ今後も活かしてください!

コーヒーセミナー

青川峡キャンピングパークスタッフのマッキ―さんが講師を務めるのは、コーヒーセミナーです。
会場にコーヒーのいい香りが漂います。

コーヒーミルで豆を挽き、SOTOのシングルバーナーでお湯を沸かして、いざドリップ!

自分で淹れたコーヒー、格別ですね!
青川峡キャンピングパークオリジナルコーヒー「go slow coffee」もセンターハウス売店で販売してますよ♪

鈴鹿山脈スライドショー

実行委員副委員長のりやさんがこれまで撮影してきた珠玉のスライドショー。
鈴鹿山脈のいろいろな表情に、参加者の皆さんも息をのみます。
今回は雨のため登山は叶いませんでしたが、このスライドショーで山への想いを一層高められたのではないでしょうか。

そとカフェVANILLAオープン

雨にも関わらずひときわ華やかだったのは、山女子フェスタ限定オープンのそとカフェVANILLAです!やはり女性の皆さん、スイーツには目がないようで、オープンと同時に長蛇の列が!おいしいコーヒーとケーキに、参加者の皆さんに笑みがこぼれます。お土産に買っていく方も。

横断幕の前で、はいチーズ!
2日間の雨で、予定通りに行かないところもありましたが、楽しんでいただけましたか?
ぜひまたいなべの山へ遊びに来てくださいね!